物流

1/2ページ

『西安国際航空拠点戦略計画』発表 6つの戦略が明確に

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 趙輝 董少波)陝西省政府と中国民用航空局はこのほど、共同で『西安国際航空拠点戦略計画』を発表した。 同計画では、西安咸陽国際空港を、「一帯一路」の各地を繋ぐる国際空港拠点、優れた国際総合交通拠点、港産城融合発展のグローバルモデル、陝西 […]

陝西省、今年初の新規国際航空貨物路線が就航 「一帯一路」航空物流網がさらに密に

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 張武輝 王英淇) 4月12日朝4時20分、園通航空(杭州園通貨運航空有限公司、YTOカーゴ・エアラインズ)のYG9053ダッカ行き貨物専用輸送機が、西安咸陽国際空港から飛び立った。これで、陝西省の今年初の新規国際航空貨物路線が正式に就 […]

西銀高鉄の渭河特大橋がつながる 年末の開通に向けて大きく前進

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 張武輝) 西安と銀川を結ぶ西銀高速鉄道(西銀高鉄)の中でも、難易度が高いとされた工事——陝西省渭南市の渭河特大橋が今日(4月6日)、つながった。渭河特大橋は全長13.6km、杭基礎の数は4370本である。 西銀高鉄は、国家中長期鉄道網 […]

中欧班列「長安号」はなぜ成長を果たしたのか?

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 張武輝)今年、新型肺炎による苦境の中、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は逆に成長を果たし、運行本数・積載率・貨物輸送量の三大指標で全国トップの座を守っているが、その秘密はいったいどこにあるのか? ディスプレイを輸 […]

中欧班列「長安号」が質の高い運行 陝西省は集散地として重要な役割を果たす

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 魏佳)新型コロナウイルス肺炎による苦境の中、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は逆に右肩上がりとなり、運行本数・積載率・貨物輸送量の三大指標で全国一位をキープした。全国各地の貨物が西安に集まり、また陝西省の製品が「 […]

中欧班列「長安号」は便数増加 昨年同期の1.9倍に

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉涛瑞 劉権鋒)新型コロナウイルス肺炎が拡大する中、今年1~2月、国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は、通常通り運行しただけでなく、増便を実現。輸出・加工企業の活動再開が促され、陝西省の貿易回復や発展を強力にサポートした。 22日 […]

陕西物流集団が再編 1兆レベルの物流プラットフォームを目指す

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 王一霖)陝西物流集団有限責任公司の再編設立大会&戦略的提携契約調印式が、今日(12月18日)西安で行われ、副省長の趙剛氏が出席した。 陝西省国有資産監督管理委員会は、旧物流集団の純資産を出資金として、陝西物流集団有限責任公司に […]

陝西省にまた国際航空貨物路線が2路線就航 西安咸陽国際空港は国内空港へのアクセシビリティと就航空港カバー率が全国一位

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 尚磊、張笑坤)今日12月8日、チェンナイ—西安、西安—ムンバイを結ぶ2つの国際航空貨物路線が正式に就航した。この2路線は週2便、通年で貨物取扱量は一万トンに達すると見込まれる。これで、11月27日にブリュッセル-西安、西安-デリーの航 […]

【新時代に奮闘した70年間】西安国際港務区:中欧班列「長安号」の運行が陝西省の改革開放を後押し

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉権鋒 翟羽佳)西安国際港務区は、国際的な陸の港として、国の提唱する「一帯一路」構想を実行している。特に国際定期貨物列車・中欧班列「長安号」の運行は、中国の西への開放の象徴、シルクロード経済ベルトの新たな使者、陝西省の看板となっており […]

国家郵政局:「双十一」期間の宅配便取扱個数は28億個に

中国国家郵政局のモニタリングデータによると、11月11日の全国の宅配企業の宅配便取扱個数は計5億3500万個で、「双十一(11月11日独身の日の販促イベント)」の最盛期となる11日~18日の宅配便取扱個数は28億個に達するとみられる。 「双十一」当日、アリババの取引総額は2684 […]