物流

中欧班列「長安号」は便数増加 昨年同期の1.9倍に

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉涛瑞 劉権鋒)新型コロナウイルス肺炎が拡大する中、今年1~2月、国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は、通常通り運行しただけでなく、増便を実現。輸出・加工企業の活動再開が促され、陝西省の貿易回復や発展を強力にサポートした。 22日 […]

陕西物流集団が再編 1兆レベルの物流プラットフォームを目指す

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 王一霖)陝西物流集団有限責任公司の再編設立大会&戦略的提携契約調印式が、今日(12月18日)西安で行われ、副省長の趙剛氏が出席した。 陝西省国有資産監督管理委員会は、旧物流集団の純資産を出資金として、陝西物流集団有限責任公司に […]

陝西省にまた国際航空貨物路線が2路線就航 西安咸陽国際空港は国内空港へのアクセシビリティと就航空港カバー率が全国一位

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 尚磊、張笑坤)今日12月8日、チェンナイ—西安、西安—ムンバイを結ぶ2つの国際航空貨物路線が正式に就航した。この2路線は週2便、通年で貨物取扱量は一万トンに達すると見込まれる。これで、11月27日にブリュッセル-西安、西安-デリーの航 […]

【新時代に奮闘した70年間】西安国際港務区:中欧班列「長安号」の運行が陝西省の改革開放を後押し

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉権鋒 翟羽佳)西安国際港務区は、国際的な陸の港として、国の提唱する「一帯一路」構想を実行している。特に国際定期貨物列車・中欧班列「長安号」の運行は、中国の西への開放の象徴、シルクロード経済ベルトの新たな使者、陝西省の看板となっており […]

国家郵政局:「双十一」期間の宅配便取扱個数は28億個に

中国国家郵政局のモニタリングデータによると、11月11日の全国の宅配企業の宅配便取扱個数は計5億3500万個で、「双十一(11月11日独身の日の販促イベント)」の最盛期となる11日~18日の宅配便取扱個数は28億個に達するとみられる。 「双十一」当日、アリババの取引総額は2684 […]

今年1~10月の「中欧班列・長安号」運行本数は1700便以上 満足度は運行都市中一位

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 許雨眠 殷旭)西安市が今日(11月4日)午後に開いた国際港務区関連の記者会見によると、今年1~10月、中国と欧州を結ぶ貨物鉄道「中欧班列」の西安路線「長安号」は運行本数が1700便以上となり、積載率は100%、シルクロード周辺の45ヶ […]

西安~新疆クチャ直行便が本日就航

11日8時05分、東方航空西北分公司の西安~庫車(クチャ)往復便が就航した。運航機種はエアバスA319、運航日は火・木・土の週3便である。東方航空西北分公司の同便就航は、陝西省西安市と新疆ウイグル自治区クチャ県の距離を縮め、両地の交流を促すことになりそうだ。 運航計画によると、西 […]

西安~ウラジオストクのチャーター便が就航 9月5日まで運航

7月9日0時20分、JD357便の出発と共に、西安~ウラジオストクのチャーター便が就航した。この路線の運航機種は、北京首都航空公司のエアバスA319で、毎週火・木・土曜出発、飛行時間は3時間25分で、9月5日まで運航する。 現在、西安~ウラジオストク直行便は毎週火・木・土出発で、 […]