物流

1/3ページ

陝西省「十三五」口岸建設成果 空港の国際航空貨物量は2.5倍に増加

12月29日、省政府新聞弁公室は記者会見を行い、陝西省の「十三五」口岸建設成果を発表して、記者の質問に答えた。 「十三五」期間、陝西省の空港の国際線旅客数は「十二五」期間に比べ倍増し、国際航空貨物量は2.5倍に増加、国際線就航地は76都市に、国際運航路線は91路線に増えると見込ま […]

宝坪高速公路の秦嶺天台山トンネルが貫通

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉権鋒 張力 権麗娟) 宝坪高速公路は陝西省の「十三五」期間に建設する高速公路のうち、規模が最も大きく、建設基準が最も高く、施工難度が最も大きいプロジェクトである。このプロジェクトの主要工事である秦嶺天台山トンネルが、12月28日に貫 […]

「イスタンブール—西安」の中欧班列が初運行

12月23日、トルコ・イスタンブールと中国・西安を結ぶ中欧班列「長安号」の初運行を祝う記念式典が、西安港で開催された。トルコから中国への復路便の運行は、両国の経済・貿易交流を強力に後押しした。今回、トルコ国家運輸総局(TCDD)の公認運送業者と西安国際陸港多式聯運公司は、BTK( […]

2020年の6路線目 西安—連雲港の貨物便が就航

本報電 (記者 馮暁瑞) 12月22日12時10分、龍浩航空(Longhao Airlines)のGI4109便が、西安咸陽国際空港から江蘇省の連雲港へ向けて飛び立った。これで、西安—連雲港の貨物便が、正式に就航したことになる。この路線は2020年に同空港に就航した6本目の貨物路 […]

中欧班列「安西欧」が運行開始 関天・成渝・江漢の三大経済圏に新ルート

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉権鋒 張思思)12月8日午後、陝西省南部を走る初の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が、安康を出発した。中欧班列「安西欧」の運行開始により、関天(関中-天水)、成渝(成都-重慶)、江漢(江漢平原)の三大経済圏が繋がり、陝西 […]

中欧班列「長安号」、1~10月の運行本数が3167便 昨年同期の1.8倍

陝西省商務庁のデータによると、10月31日の時点で、中欧班列「長安号」の今年の運行本数は3167便となり、これは昨年同期の1.8倍だという。中欧班列「長安号」は運行開始以来、運営能力や水準が向上しており、貨物の出荷時間は約20%短縮され、運行本数、積載率、貨物輸送量等の総合指標が […]

西銀高速鉄道が正式に試運転段階に

11月3日午前9時、55571番の試験列車が、西安北駅からゆっくりと走り出した。この西安北駅~慶陽駅区間の運行ダイヤ試験により、西銀(西安-銀川)高速鉄道は、正式に試運転段階に入ったことになる。 高速鉄道の試運転は、鉄道当局がシステム調整段階の試験を完了させた上で、輸送の最良計画 […]

中欧班列「長安号」2020年の運行本数が3000便を突破 運行本数・積載率・貨物輸送量等の重要指標は全国上位

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 許雨眠 殷旭)西安市が行った記者会見によると、10月19日の時点で、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列「長安号」は、今年の運行本数が3004便となり、これは昨年同期の1.8倍という。うち、中央アジア方面が828便、欧州方面が2 […]

西安に新たな新幹線路線が開通 安康・韓城が「新幹線時代」へ

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 康健 李瓅 殷旭 孫挺 安康台 韓城台) 10月11日、全国の鉄道の最新列車運行ダイヤが実施され、西安~ウルムチ・敦煌の高速鉄道列車と、西安~安康・韓城を結ぶ新幹線「復興号」が新たに開通した。安康・韓城の2市はこれで正式に「新幹線時代 […]

七年間の取り組み 中欧班列「長安号」はますます加速

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 劉権鋒)2013年、習近平総書記は、「一帯一路」イニシアティブを打ち出した。この七年の間、陝西省は「一帯一路」の共同建設に全力で取り組み、さらなる高みを目指してひたすら邁進してきた。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号 […]

1 3