暮らし

1/6ページ

西安地下鉄14号線は6月末に開通の見込み

第14回全国運動会の重要な公共交通機関として、地下鉄14号線の建設の進み具合は、市民の関心を集めている。4月21日、西安地下鉄14号線の体育中心(スポーツセンター)駅(工事名)では、駅構内の工事がおおむね完成し、整然とした現場で、作業員が付属設備の設置や内装仕上げ、設備の試運転調 […]

西安市、行政手続が簡単になる「一件事一次弁」10コースを創設へ

21日に西安市行政審批服務局から得た情報によると、西安市は、市民の生活や企業の活動に密接に関係した「一件事一次弁(一つの事について一回の手続で処理できる)」統合改革を進め、市級レベルでの「一件事一次弁」10コースを創設するという。小さな工夫で行政サービスを大きく向上させるのが狙い […]

3月26日より 西安市内で路線バス「全運5号線」と「全運7号線」が運行開始

西部網電(記者 劉望) 西安市の路線バス大手・西安市公共交通集団有限公司から得た情報によると、「十四運(第14回全国運動会)」プロジェクト関連の交通網を整備し、オリンピックスポーツセンターへのアクセスをよくするため、同社は3月26日から「全運5号線」と「全運7号線」の運行を開始す […]

陝西省、今年は公租房0.5万物件を新築予定

2月23日、陝西省住宅&都市農村建設工作会議が開催された。今年の計画によると、新築する公租房(公共賃貸住宅)は0.5万物件、棚戸区(バラック地区)改造は0.75万物件、1.3万物件を完成させ、家賃補助金を3.9万世帯に支給し、住宅不足問題の解決に取り組むという。計画の内容は以下の […]

西安~神木、西安~渭南に新幹線が初登場

1月20日0時より、全国の鉄道で新ダイヤがスタートした。今回の改正で、中国鉄路西安局集団有限公司による旅客列車の運行本数は406.5往復となり、うち、長距離旅客列車は353往復、西安~上海、太原、西寧、蘭州等で新幹線が14往復増発された。省内では、西安~神木及び西安~渭南の2方向 […]

西安地下鉄の3路線が正式に開通

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 許雨眠 殷旭 李瓅) 西安地下鉄5号線、6号線一期、9号線が12月28日、正式に開通した。省委員会常務委員、西安市委員会書記の王浩氏が開通式典に出席した。 この3路線は、西安市軌道交通第二期建設事業計画に属し、5号線は西の創新港から東 […]

CR300BF型「復興号」が銀西高速鉄道に正式に「就任」

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 蒋雲龍) 銀川と西安を結ぶ銀西高速鉄道の正式な開通が目前に迫る中、12月15日、旅客輸送を担うCR300BF型動車組(新幹線)「復興号」が西安に到着した。 この度西安に到着したCR300BF型「復興号」は、中国での運用は初めてである。 […]

西安を東西に走る2本目の主要幹線、地下鉄5号線がまもなく開通

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 李歓 張華)5年にわたる建設を経て、西安市軌道交通網のうち東西を走る二本目の主要幹線である西安地下鉄5号線が、12月8日に初公開された。5号線は全長45.26km、馬騰空駅から創新港駅までが先に開通予定で、31駅が設けられ、計41.6 […]

西安地下鉄5号線、6号線一期、9号線は年末に開通

今年の第1~第3四半期、西安市のGDP、固定資産投資額の伸び率は、副省級市の先頭に立った。11月17日、陝西省政府新聞弁公室が開いた「陝西省の新時代の『追赶超越』の幕開け 質の高い発展に全力で取り組む」と題された記者会見(第四場)によると、第1~第3四半期、西安市のGDPは4.5 […]

西安市が新政策 2022年末には高品質賃貸住宅を少なくとも12万物件(戸)増加へ

華商報電(記者 陳思存)11月17日、『西安市住宅賃貸試行事業実施計画』(以下『計画』)が、正式に発表された。西安市住宅都市農村建設局から得た情報によると、2020年~2022年に、西安市は高品質賃貸住宅を少なくとも12万物件(戸)増やすという。その内訳は、新築・改築の賃貸住宅を […]

1 6