4/18ページ

4/18ページ

中欧班列「長安号」はなぜ成長を果たしたのか?

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 張武輝)今年、新型肺炎による苦境の中、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は逆に成長を果たし、運行本数・積載率・貨物輸送量の三大指標で全国トップの座を守っているが、その秘密はいったいどこにあるのか? ディスプレイを輸 […]

陝西省から欧州へ「空を飛ぶ」医療用防疫物資

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 王英淇)3月30日朝3時30分、ロシアのアトラン航空が運航を担う、防疫物資を積んだ貨物チャーター機の第一便が、西安咸陽国際空港からドイツ・ライプツィヒへと飛び立った。これは新型肺炎の発生以来、陝西省から欧州へ飛ぶ初のチャーター貨物輸送 […]

明日から 北京行きの国際航空便は先に西安等の指定12空港へ

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 徐瑞華) 中国民用航空局オフィシャルサイトの情報によると、3月23日0時より、北京行きの国際航空便は全て、まず西安等の指定12空港に着陸し、同地で乗客の検疫を実施すると共に入境手続を行い、検疫で搭乗条件を満たした者のみ、元の便に搭乗し […]

中欧班列「長安号」が質の高い運行 陝西省は集散地として重要な役割を果たす

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 魏佳)新型コロナウイルス肺炎による苦境の中、中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車・中欧班列の「長安号」は逆に右肩上がりとなり、運行本数・積載率・貨物輸送量の三大指標で全国一位をキープした。全国各地の貨物が西安に集まり、また陝西省の製品が「 […]

プロジェクト竣工を予定通りに 急ピッチで進む工事再開

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 丁亮) 目下のところ、陝西省は感染の抑え込みに成功し、数々の重点民生プロジェクトが工事を再開しており、予定通りの完成を目指して、感染症の影響を最低限に抑える努力が続けられている。 西咸新区の重点民生プロジェクト、「涇河新城第二学校」の […]

陝西省重点水利プロジェクトが全面再開 今年は105億元を投入

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 董少波)新型肺炎の影響が続く中、陝西省重点水利プロジェクトでは、防疫対策を講じる一方、作業員の職場復帰や材料供給不足等の問題に取り組み、進行中の工事が全面的に再開された。 国家重大水利プロジェクトの一つである「引漢済渭(漢江から渭河に […]

西安市の第1四半期重点プロジェクトが集中着工 総投資額は1500億元超

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 許雨眠 王一霖)3月17日午前、西安市第1四半期重点プロジェクトの集中着工式典が行われた。着工したのは計162プロジェクトで、総投資額は1503億元、先進製造業・現代サービス業・都市インフラ・エコロジー・社会事業の5大分野を網羅する。 […]

西安地下鉄の進行中プロジェクト、再開率が100%に

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 王一霖 許雨眠)西安市軌道交通集団から得た情報によると、西安地下鉄の5号線、6号線、9号線等の進行中のプロジェクト7件、76セクション、施工箇所235ポイントにおける作業員は現在20000人以上となり、工事再開率が100%に達した。施 […]

西安咸陽国際空港の発着回数50%回復 企業の活動再開を支援

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 單琳 周傑)現在、各航空会社が次々に運航を再開するのに伴い、西安咸陽国際空港の旅客数は大きく増えている。同空港の運営管理を担う西部機場集団は、企業の活動再開に向けた輸送を行うと同時に、税関・防疫等の関連当局と協力して、到着便や乗客の防 […]

周至県の副県長がネット生出演へ 地元産のキウイを販促

西安新聞網電(西安報業全媒体記者 樊華)10日に得た情報によると、3月11日~12日、動画共有プラットフォーム「抖音(TikTok)」は、「戦疫助農」と名付けたライブ配信活動を正式にスタートさせるという。陝西省の周至県と宜川県、寧夏回族自治区の同心県、吉林省靖宇県、黑龍江省虎林市 […]

1 4 18