陝西省、1~4月の重点プロジェクト投資は1521億5000万元 西康高鉄は第2四半期着工を目指す

陝西省、1~4月の重点プロジェクト投資は1521億5000万元 西康高鉄は第2四半期着工を目指す

5月26日、陝西省第13回人民代表大会常務委員会第26次会議において、省発展改革委員会主任の張暁光氏が、2021年の重点建設プロジェクト計画実施状況について報告を行った。報告によると、今年の1~4月、陝西省の重点プロジェクトは、年度計画の34.4%を占める1521億5000万元の投資が完了したという。第1四半期の陝西省の土地利用量は全国トップであり、当省の重大プロジェクトは26件が国の「十四五(第14次五カ年)」計画及び『2035年遠景目標綱要』に組み入れられている。

今後の施策として、省発展改革委員会は、次のように語った。

省級・市級・県級の重点プロジェクト管理のデジタルプラットフォームを整備し、重点プロジェクトのオンライン視察や一斉着工を手配する。土地等の要素の保証を強化し、国の方針である「土地はプロジェクトに合わせて利用」を徹底し、陝西省の重大プロジェクトが国の計画に組み込まれるように努め、「批而未供」及び遊休土地の調査行動を推進し、各地の用地指標(利用可能な土地)を各級重点プロジェクト用地の需要に優先的に充てる。専項債券(レベニュー債)の発行を推進し、市・県の投融資プラットフォームを統合して、重点プロジェクトの資金供給を確実にする。

「西康高鉄(西安~安康の高速鉄道)」等の第2四半期着工を目指し、西安咸陽国際空港三期拡張工事、「引漢済渭」二期等のプロジェクトをさらに進め、「西気東輸」三線・陝西セグメントの建設をスタートさせる。民間投資の拡大により質の高い発展を推進し、民間投資重大プロジェクト目録を定期的に金融機関に紹介し、政府系融資機関の力を発揮させ、民営企業への保証提供規模80%を目指す。

国の「碳達峰(CO2ピークアウト)、碳中和(カーボンニュートラル)」目標に取り組み、「高排出・高エネルギー消費」産業の生産能力を規制し、省級「碳達峰」行動計画を作成し、条件に合致しない「両高(高排出・高エネルギー消費)」プロジェクトを年度重点プロジェクト計画から除外する。イノベーション駆動型発展に努め、「秦創原創新駆動平台」により、先進製造業や戦略的新興産業等のプロジェクトに対する支援を強化し、重点産業チェーンの強化に向けて、優れた産業クラスターを育てる。 華商報記者 趙瑞利

参照元:http://news.hsw.cn/system/2021/0527/1328364.shtml?rand=pf9xjEBX
(翻訳の際に、内容が多少編集されていることがあります)

陝西省全般カテゴリの最新記事