陝西省の農村居民収入の増加がプラスに 1人当たり平均可処分所得は6470元

陝西省の農村居民収入の増加がプラスに  1人当たり平均可処分所得は6470元

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 王英淇)国家統計局陝西調査総隊の最新統計データによると、コロナウイルス感染状況の好転に伴い、農民工(出稼ぎ労働者)の職場復帰が進み、農村居民収入(所得)が回復している。今年上半期(1~6月)、陝西省の農村居民の1人当たり平均可処分所得は6470元で、同期比4.6%増となり、第1四半期より5.7ポイント上がった。価格要素を控除すると、実質増加は0.9%で、農村居民収入の増加率は名目と実質の両方でプラスに転じており、各々全国よりも0.9及び1.9ポイント高い。

うち、上半期の陝西省の農村居民1人当たり平均経営純所得は1578元で、昨年より171元増え、同期比12.2%増となった。経営純所得が急速に伸びた主な要因は、販路の積極的な拡大、農産物価格の大幅な値上がり、販売量の回復である。陝西省の農村居民の1人当たり平均生活消費支出は5385元で、昨年より32元減り、同期比0.6%減となった。価格要素を控除すると、実質は4.1%減で、生活消費支出の減少幅は第1四半期よりも明らかに小さくなっている。

参照元:http://news.cnwest.com/lianbo/a/2020/08/26/19031678.html
(翻訳の際に、内容が多少編集されていることがあります)

未分類カテゴリの最新記事