西安城南区域で「跨区通弁」が実現 53項目の手続が「ワンストップ」で

西安城南区域で「跨区通弁」が実現 53項目の手続が「ワンストップ」で

西部網電(陝西広播電視台『陝西新聞聯播』記者 李初晗 万琳)即日より、西安市城南区域では、企業や一般市民の行政手続53項目について「跨区通弁」が実現し、企業や市民は近くの西安高新区で、「ワンストップ」で手続が行えるようになる。今年から、西安高新区はすでに、曲江新区、航天基地、長安区、鄠邑区等と共同で「両区通弁」業務を打ち出してきた。雁塔区、長安区、鄠邑区、曲江新区、航天基地の企業・市民に向けたこの統一手続サービスには、公共積立金、知的財産権(商標)、貿易促進等の業務が含まれる。

参照元:http://news.cnwest.com/lianbo/a/2020/09/07/19068704.html
(翻訳の際に、内容が多少編集されていることがあります)

未分類カテゴリの最新記事